ガジュマル栽培キット・冬越し編

この記事では、ガジュマル栽培キットの冬越しについてご案内します。

ガジュマルは、もともと亜熱帯の植物です。
氷点下になる地域では少しだけ冬越しに気をつけなければなりません。

ガジュマルは常緑樹なので、桜やイチョウのように落葉することはありません。
室内の氷点下にならない所なら、葉をつけたまま問題なく冬越しします。

屋外に置いておいて氷点下になると、

このように葉が傷み、やがて葉は完全に茶色くなります。
植物工房かわさきは千葉県北部にありますが、この年はマイナス5℃まで下がりました。

もうダメかなーと思いつつも、なんとなく2週間に1度ほど水をかけていたところ、

なんと桜が散ったころの季節に幹から新芽が出ているのを発見しました!
新芽が成長するには光が多いほうがいいので、古い枝をハサミで整理し、屋外に置いておきました。

5月にはこのくらいになりました。

そして9月、元気に窓辺で育っています。

ガジュマルは、葉が枯れても春には復活する強い生命力を持っているので、あきらめずに育ててみて下さい!

ガジュマル栽培キット・目次