パネルヒーター

天気予報を見ると、金曜日の最低気温はマイナス4度。

精華園さんによると、カーネーションは氷点下になるとダメになるそうです。

夜は花を直売所のなかにしまってシャッターを閉めていますが、もしかしたら中でも氷点下になるかもしれません。

そこで導入したのがこれ。

パネルヒーター。サーモスタットつき。

フィンからじわじわ熱がでる仕組みです。
直売所の中に小さな温室をつくり、その中にこれを設置します。

これで凍らない!(はず)

最初は、小型の電気ストーブで保温するとか、エアコンで保温するとかも考えましたが、人間用に作られている加温気は、だいだい25度以上まで上げる事を前提に作られています。

でも凍らなければいいだけだから、そんなに加温する必要無いし、開花が進んでしまうのでむしろ良くないです。

その点、この装置は、0度になったら作動し、5度になったら停止する、という設定ができるので、省エネだし、高温にもならず火事の心配もなく、なにより花にとって良い環境を作れます。

実はハウスではすでに育苗用に同じ物を使っていますが、ごく順調に動いています。

直売所が氷点下になるのかどうかはまだ分かっていませんが、備えあれば憂いなし。