ノア

鈴木浩仁さんから時々送られてくるカーネーション、ノアです。

グレーがかった紫とでも言ったらいいでしょうか。美しいです。

でもよく見ると花弁の先が痛んでいます。

これは古くなっているのではなくて、もともと咲いた時からこういう風になる品種なんだそうです。

古くなっているように見えると、市場価値はガクッと下がってしまうので、売れるものではなく、鈴木さんいわく、「好きで作ってるだけ」だそうです。

あまりにも作る生産者が少なく、来年には苗の供給がなくなり、だれも作れなくなるそうです。

花弁の先の少しの痛みより色の美しさを優先する人、この独特な色とあいまって逆にアンティーク調だと感じる人にとっては、すばらしい品種だと思うのですが、ちょっと残念です。